地鎮祭とは?|家づくり無料相談の住もNAVI(ナビ)

|住もNAVI(ナビ)トップページへ戻る|

店予約・お問い合わせ

大垣店

2017年05月04日

地鎮祭とは?

みなさん、こんにちは。
住もナビ大垣店です。

 

GWはいかがお過ごしでしょうか。
天気も良く、おでかけ日和ですね。


家族が集まる時は、
新築計画などの話題が出ますよね。
お身内やご家族間でのお話で、
お悩みのことがありましたらご相談くださいね。

 


さて、今日のテーマは、
地鎮祭についてです。


先日建築中のお客様より、
地鎮祭って何?
地鎮祭で準備するものは?
とご質問をいただきました。

 

地鎮祭とは、注文住宅を建てる前に工事の安全を祈願して行うものです。

 


施主が準備をするものは、神前に供えるお供え物と
神主さんにお支払いする謝礼です。

 

準備するお供え物はこちらです。


清酒  1升 お祝いののし紙も忘れずに。
お米  1合 洗って乾かしておきましょう。
塩  1合 
水  1合
海の幸  するめや昆布が一般的です。
山の幸  果物 りんごやオレンジが一般的です。
野菜  ナスやキュウリなど地上の上にできるものと、
          大根や芋など地面の下にできるものを用意します。

 

お供え物は施主が用意する場合が多いですが、
神社で用意してもらえる場合もあるのでその時は御供物料(1〜2万円)をお渡ししましょう。

 

また、当日神主さんへのお礼として初穂料(2〜3万円)、
お車代(5千円〜1万円)などを準備します。

式が終わった後に、のし袋に入れてお渡ししましょう。

 

神社や地域によって金額が異なってくるので、担当の営業の方や、神社に予め聞いておきましょう。

 


住もナビ大垣店