耐震等級ってなに?|家づくり無料相談の住もNAVI(ナビ)

|住もNAVI(ナビ)トップページへ戻る|

店予約・お問い合わせ

大垣店

2017年05月18日

耐震等級ってなに?

 

みなさま、こんにちは。

 


5月にも関わらず、
夏日のような天気が続いていますね。
熱中症にはお気をつけくださいね。

 


さて、今日のテーマは"耐震等級"です。
お客様からもよくご質問を頂く、
難しく聞こえがちな耐震等級。
新築ご計画の際には、よく耳にする言葉ですよね。

 

 

耐震等級とは、数百年に一度発生するような大きな地震に対して、

倒壊・崩壊の可能性を三段階で示したものです。

 


簡単にいうと、地震にどのぐらい耐えられる家なのか、

建物の強さを表すものです。

 

 

耐震等級は1〜3まであり、3が最も等級が高いです。


等級ごとの違いは下記のようです。

 

 

●耐震等級1
数百年に一度発生する地震
(震度6強~7程度)の地震力に対して
倒壊・崩壊せず、数十年に一度発生する地震
(震度5強程度)の地震力に対して損傷しない程度。

 


●耐震等級2
耐震等級1の1.25倍の地震力に対抗できる程度。

 


●耐震等級3
耐震等級1の1.5倍の地震力に対抗できる程度。

 

 

強い方がやはり安心!と思いますが、
どこまでで納得できるのか、
実際にはどのくらいなの?
と思われ方はぜひ住もナビカウンターまでご相談ください。

 

 

住もナビ大垣店